FX

【FX】裁量トレードかシステムトレード(自動売買)どちらが有利?メリット・デメリットで比較してみよう

こんにちは!Takanariです。

FXを始めようと情報収集していると裁量トレードシステムトレード動売買)とよく目にする2つの取引方法があります。

裁量トレード・・・相場を検証しながら自分の判断で取引する方法です。

昔からこの方法が主流で相場をいろいろなテクニカル分析を駆使して取引を行うので、思ったように相場が動くと実に気持ちの良いものです。

システムトレード(自動売買)・・・コンピューターが決められたルールに従い取引を行う方法です。

FXという同じ土俵でトレードを行うのですが裁量トレードシステムトレード(自動売買)この2つの方法、自分にはどちらが向いているのか?メリット・デメリットを考えてみましょう。

裁量トレードのメリット・デメリット

裁量トレードのメリットとは?

・FX相場を分析できる自分なりのスキルが身に付く

裁量トレードを行う上でテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などいろいろな分析を組み合せ自分の判断で取引を行うので大変そうに思えますが、場数を踏んでいけばそれなりのFXトレードスキルが身に付きます。


・相場の大きな変動に対してもすぐに利確もしくは損切りで対処できる

裁量トレードの場合、相場に張り付いてトレードを行うので急な相場変動にもいち早く対応できます。

例えば買いポジションを持っているときに相場が思った方向に動いた時など、利確ラインを上げ損切りのラインを上げ利益を伸ばすことや、相場が思った方向とは逆に動き始めた時、早めに損切りし次のタイミングを計るなど、その場その場に応じた対応ができるのが利点です。

裁量トレードのデメリットとは?

・取引できる時間が限られている

24時間相場に張り付くことができないので絶妙なエントリーのタイミングを逃してしまう可能性がある。

これに関しては相場を分析しながら指値注文・逆指値注文などを取り入れることにより自分なりのエントリータイミングを逃さないように取引もできます。

・感情に左右されてしまう

これが裁量トレードを行う上で一番のネックになるところです。

利益を前にして決めていた利確のラインまで待てずに決済してしまう。

また、損失が膨らんでるのに損が戻るまで待とうと損切りできずに塩漬けにしてしまい強制ロスカットされてしまう。

お金は欲しいけど損はしたくないというごく普通の考えは損少利大で勝ち抜けていくFXでは勝ち残れないでしょう。

感情に左右される取引を克服しない限り勝ち組トレーダーの仲間入りはできないでしょう。

システムトレード(自動売買)のメリット・デメリット

システムトレード(自動売買)のメリットとは?

・相場に張り付く必要がない

システムトレード(自動売買)の場合、取引自体を自動売買プログラムが行ってくれるので相場に張り付く必要がなく、チャンスを見逃してしまうということがないということです。

働いている時も寝ている時も自動売買プログラムが常にチャンスを逃さないよう取引してくれるので安心です。


・感情に左右されることがない

先ほどは持っているポジションを感情が邪魔をして決済ができないということをお話しさせて頂きましたが、裁量トレードをしていると利益を確定した時、損切りをした時なども感情に左右されます。

大きな利益を確定できた時は自信過剰になり「もっといける」、大きな損を出した時はギャンブルのように「一発逆転」などと考え、証拠金で取引を行うことのできるMAXのロットでポジションをもってしまい一瞬にして証拠金が無くなってしまい退場した例もよく耳にします。

システムトレード(自動売買)ではこのような感情に左右されることがないというのが大きなメリットになるでしょう。

システムトレード(自動売買)のデメリットとは?

・取引コストが高い

FX会社では自動売買システムの開発費やプログラミング使用料などが絡んでくるため手数料を高く徴収しています。

仕方がないことかもしれませんが取引コストが高いということはデメリットと言わざるを得ないと思います。

 

・急な相場変動に対応できない

相場はテロや経済の状況また自然災害などから急変する事があります。

前例のないような急変に対してはシステムトレード(自動売買)では対応できず大きな損失をだしてしまうことがあるので注意が必要です。

完全放置できる自動売買システム

完全放置で月利30%を狙える超安定型EA「チワワ」登場!!こんにちは元ノウハウコレクターTakanariです。 「なにもせずにお金ってふえないのかな?」 なんてことを考えてい...

裁量トレードかシステムトレード(自動売買)どちらが有利?

いろいろ述べさせて頂きましたがまとめてみますと、

裁量トレードのメリット・デメリット
◇メリット
FX相場を分析できる自分なりのスキルが身に付く
相場の大きな変動に対してもすぐに利確もしくは損切りで対処できる

◇デメリット
・取引できる時間が限られている
・感情に左右されてしまう

システムトレード(自動売買)メリット・デメリット
◇メリット
・相場に張り付く必要がない
・感情に左右されることがない

◇デメリット
・取引コストが高い
・急な相場変動に対応できない

裁量トレードかシステムトレード(自動売買)どちらがいいのか?

裁量トレードで1年間生き残る確率は10%程度
更に10年生き残れるのは1%程度
といわれています。

なぜ勝率50%の世界で勝てないのか。

それは人というのは「感情」というものが備わっているからです。

お金は欲しいが損はしたくないという本能的なもの。

当然のことですよね。

利益を確定するラインを決めていても「今、利益がでているから決済してしまおう」

損切りラインを決めていても「損が少なくなるまで損切りはやめておこう」

とFXでは理想的な損少利大とはまったく逆の行動をとってしまうのは仕方のないことだと思います。

裁量トレードで生き残れるのは天才か凄まじい努力家もしくはロボットですね。

私は時間の制約によって「自分には合わない」と一時やめましたが、感情をもっていても勝ち組に入る方法がシステムトレード(自動売買)だと気がついたのです。

システムトレード(自動売買)は自分のルールをシステムに伝え取引をシステムに任せることなので感情に左右されることなく自分のルールで取引ができるということです。

ですので裁量トレードで培ったスキルをそのままシステムトレード(自動売買)にいかせば最強のトレードができるのではないでしょうか。

じゃあ裁量トレードの経験がなければシステムトレード(自動売買)はできないのか?

そんなことはありません。

しっかりとしたロジックをもった自動売買システムもあります。

初心者でも安心なシステムトレード(自動売買)を始めてみよう!

探して見ると山ほどあるので迷ってしまうかもしれませんが、まずは無料で運用できる自動売買システムを推奨します。

これは私個人が推奨させてもらう自動売買システムですが初心者からも始められるものです。

しかも成績も優秀で昨年11月に関しては月利100%を超える成績を残しており初心者でも安定した利益を得られる最強のシステムです!

初心者の段階から裁量でトレードを覚えるのはとても大変で、運用資金も結構必要となってきます。

ですがこの自動売買システムは費用は完全無料で自分で運用する証拠金だけあれば使用できます。

なぜ無料かというと現在は期間限定の無料モニターを募集しているからなんです。

このFX自動売買システムですが月利30%以上を稼ぐすごいものです!!

サポート体制も充実しており、わからないことがあってもすぐに解決できる環境でトレードできます。

また、同じFX自動売買をされている方たちが集まるコミュニティーもありますので一人で悩むことなくWEBビジネスを楽しむことができます。

興味のある方はこちら→月利30%以上を叩き出す驚異のFXEA無料モニター募集!!

ガツガツと月利35%を叩き出す本物のFXEA!!「ウルフシステム」無料配布開始!!こんにちは元ノウハウコレクターTakanariです。 当ブログを読んでいただきありがとうございます。 この度...

 

最後に無料モニター募集について以外でも気軽に私のLINEまでメッセージくださいね。

最後までお付き合いくださり

ありがとうございました!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

WEBビジネスの凄いところは、やり方次第で月に30万円・50万円・100万円でも稼げてしまうという圧倒的な魅力です!!

 

いまこの記事を読んでいるあなたは自分の未来を変えたいと努力する前向きで素晴らしい方だと思います。

 

私から推奨する副業はFX自動売買なのですが完全無料ですので運用資金以外はかかりませんのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コチラ→直近6か月で200%以上の利益を上げた無料FXEA「ビースト+」

コチラ→完全放置OK!月利40%を目指した完全裁量ハイレバスキャルトレード「サバンナシステム」

稼げるWEBビジネスについても不定期ですが配信させて頂いていますので、ぜひLINEで友達追加してみてくださいね!

LINEで友達追加してくれた方限定に

今なら有料級のFX自動売買ツールをプレゼントしています!

 

仕事ずくめの中でも副収入30万!!「ノンストレス」の生活を実現できる!! 今なら期間限定のFX自動売買ツール無料モニター募集中!!   →詳細はこちら!